2016年12月12日

デュラ!!×9】池益田真白袋の住人と友情を築け!

スクウェア・エニックスは、本日7月22日にPS3/Xbox 360用ソフト『ブラーレーサーズ』を発売した. 価格は各7,980円(税込). 本作は、実在する車を操作して、世界中のコースを爆走するRCG. 通常のレースとは違ってコース上にアイテムが配置されており、アイテムの使い方によって戦略性の高いプレイが楽しめる. アイテムは、ライバル車を追尾するもの、地雷のようにコース上に設置するもの、周囲の車を弾き飛ばすものなど多種多様. 中には、ニトロを使ってあり得ないスピードで走行できるものもあり、これらの効果を生かして1位を獲得することが目的となる. 登場する車種は、GT-RやSUPRAといった日本が誇る人気車から、Ford GTやScirocco 24といった世界の自動車メーカー車種まで50種類以上を収録. それぞれグリップや加速力、スピードなどに違いがあるので、コースに合わせた使い分けが重要となる. また、オンライン対戦では最大20人でレースを楽しめる. なお本日より期間限定で、PS3用の英語体験版がPlayStation Storeで無料配信されている. 内容は英語だが、作品の雰囲気をつかむことはできるので、購入を迷っている人はダウンロードしてみよう. 実際の製品はテキスト、音声とも日本語となっている. →ゲーム画像を見たい人はソフトカタログをチェック. 9月22日にアスキー・メディアワークスより発売されるPSP用ソフト『デュラララ!! 3way standoff』. その特集9回目では、本作のゲームシステムを紹介していく. 本作は、『バッカーノ! 』シリーズや『越佐大橋』シリーズなどを執筆する成田良悟先生の小説『デュラララ!!』(イラストはヤスダスズヒト先生)をゲーム化したもの. プレイヤーは、舞台となる池袋にやってきたばかりの高校生"ヨシヨシ"こと三好吉宗を操って、池袋を騒がせている"ある事件"を追っていくことになる. 今回の記事では、ゲームの進行や"フレンドシップイベント"などに迫っていく. シナリオは、原作者である成田先生が全面監修. はたしてヨシヨシは、池袋でどんな事件にかかわっていくのだろうか? ゲームシステム 本作はターン制で進行するアドベンチャー. プレイヤーは、1日に3回自由に行動することができ、まずは全体マップから行きたいスポットを選んで移動. その後ミニマップ内で、デフォルメキャラクターを操作して探索を進めていくことになる. まずは全体マップから移動先を指定する. 右下に表示されているキャラクターは、その場所で会えるキャラクターたちだ. こちらはミニマップ. 細部までこだわって表現された池袋の街で、誰かから情報を得たり、会話を交わしていくことになる. それでは、実際に会話の様子を見てみよう. こちらは臨也と会話をしている様子. どうやら彼は、"池袋でカラーギャングについて調べている誰か"を探しているようだ. 池袋の住人たちからも情報を得ることが可能. このサラリーマンは、金曜日に池袋を調べ回っているとおぼしき人間を見たという. はたして臨也が探している人物のことなのか? また、会話を繰り返していくことでメインキャラクターたちとは"フレンドシップイベント"という特殊な会話イベントを起こすことができるようだ. それでは次ページで、フレンドシップイベントについて詳しく解説していこう. →あの人の意外な顔が見られるかも? フレンドシップイベントを解説!!(2ページ目へ).
posted by YasuKasumi at 19:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。