2016年11月18日

長嶋茂雄さん「とてつもなく大きな存在」

サッカーW杯抽選会を前に、ブラジルの現地からお届けする記者座談会の2回目. 今回は、優勝候補、活躍するスターを展望します. W杯記者座談会前編ワールドカップ特集ページはこちら ◇ ■座談会に参加した記者 杉本康弘 東京・写真部在籍. 38歳. W杯南アフリカ大会を取材. メッシの戴冠(たいかん)を夢見る. 柴田真宏 スポーツ部を経てリオデジャネイロ支局長. 43歳. W杯南アフリカ大会を取材. 内海亮 東京・スポーツ部で日本代表を担当. 欧州サッカーの取材も経験. 40歳. 河野正樹 東京・スポーツ部で日本代表担当を経て、昨年からヨーロッパ総局(ロンドン)でスポーツ担当. 37歳. ◇ 杉本 さて、ずばり、優勝はどこだろう. 南米で行われたW杯では過去に欧州勢は優勝したことがない. 柴田 本当はブラジルと言いたいけど、前評判の高くないドイツを前回も推していて、今回もドイツ. 欧州は欧州以外では勝ったことがなかったけど、スペインが前回にアフリカ大陸で初めて勝った. 南米でも歴史を覆す可能性はある. ドイツ、アルゼンチンの決勝だと面白い. 内海 コンフェデ杯の決勝と同様、スペイン、ブラジルの再戦は見たいところ. 欧州選手権とW杯を合わせて主要大会3連覇中で、パスサッカーをとことんまで追求するスペインがどこまで戦えるのか. 河野 ブラジル、アルゼンチン、スペイン、ドイツが4強と言われている. スペインびいきだけど、コンフェデ杯のブラジルの守備を見たら、ブラジルが優位と言いたくなる. イタリアのプランデッリ監督が「今度のW杯は今まで以上にコンディションが大切になる」と話していた. その点ではブラジルは地の利があるし、移動面でも優遇されている. スペインはこの大会が終わると、大きな転換期に入ると思う. このチームを支えた心臓はMFシャビ. 本大会では34歳なので、最後の大会になる. MFシャビ・アロンソも33歳になるし、MFイニエスタも30歳になる. 厳しい他チームからのマークをかいくぐって、連覇で締めくくって欲しいというのが願いだ. 杉本 僕はアルゼンチン. アルゼンチンのメッシの大会になって欲しい. 前回もそれを信じてディエゴ・マラドーナ監督が何かやってくれるか期待していたけど. あれからメッシは代表でも結果を出し続け、今回はマラドーナが86年メキシコ大会で優勝した時と同じ年になる. 26歳. マラドーナにとってのメキシコが、メッシにとってのブラジル. 得点王、MVPでピッチで肩車されてトロフィーを掲げる. それが一番美しいストーリー. それをブラジルでやってのける. 柴田 ブラジルはお葬式になるよ. メッシは親善試合ではブラジルからハットトリックを決めたし、今はバルセロナでネイマールとチームメート. ブラジルとアルゼンチンは決勝で戦ったことはないし、そんな試合が実現したらすごいことになる. ブラジルが優勝するとしたらネイマールの爆発が必要だ. 昨年までは国際大会で通用するのか疑問の声もあったけど、コンフェデ杯で実力を証明した. バルセロナでも活躍しているし、波に乗れば一気に突っ走るかも. 内海 W杯では一躍、「時の人」になるような選手が出てくる時もある. 90年大会で得点王に輝いたイタリアのスキラッチとか、06年大会で前評判の低かったフランスの決勝進出に貢献したリベリとか. 2人ともW杯イヤーに代表入りし、めざましい活躍でブレークした. 4年に1度しか巡ってこない大舞台でチャンスをつかめるかどうか. 「世界にはまだまだすごい選手がいる」. そんな発見ができるかも楽しみだ. 杉本 アフリカ勢はいつもダークホースに挙げられるけど. 柴田 ガーナは強いと思う. 前回は守りのチームだった. アサモア・ジャンが1点取って後は守るだけという展開が多かったが、監督が代わって攻撃的になり、最終予選の第1戦ではエジプトに6―1で勝っている. アフリカ勢では頭一つ抜けている感じ. 河野 今年2月にアフリカ選手権を取材すると、奔放なサッカーから明らかに欧州的な組織サッカーに変わっている. 優勝したナイジェリアはまさにそんなチームだった. イングランド育ちのFWモーゼスは若手選手の注目株だ. 内海 コートジボワールも近年力をつけているチームだ. ダークホースと言えば、アザールのいるベルギー、ファルカオのいるコロンビアの2チームがいま最も勢いのあるチームだ. 河野 1人の優れた選手だけで勝てるほど、今のW杯は甘くはないけど、それでも、ポルトガルのFWロナウドは別格. でも、ポルトガルをダークホースと呼ぶのは失礼か. 柴田 元ブラジル代表監督のドゥンガは「優勝候補の国は決勝から逆算して戦っていく」と話していた. それ以外の国は1次リーグを力を尽くして突破しても、準決勝や準々決勝で力尽きたり、満足してしまったりする. 優勝までたどりつくのはそれだけ難しい. 杉本 アジアではひいき目なしで日本は頭一つ抜けている. 韓国はいい評判がなく、ダーティーな話題や政治的な話題ばかり出てくる. アジア勢は日本と同じように「死の組」に巻き込まれる可能性がある. 柴田 ブラジル開催では南米に加え、メキシコもメリットがあると思う. 欧州勢は思うようなサッカーがなかなかできないかもしれない. 内海 気候の問題がある. だからコンフェデ杯に出場したスペインやイタリアの経験はとても貴重だ. 北部の会場で試合をしたイタリアのGKブフォンは「こんな暑いところでサッカーをやるのか」と驚いていた. 柴田 コンフェデ杯の準決勝でスペインはイタリアを相手に延長でも決着がつかず、PK戦で下してぼろぼろになって決勝に向かった. 中2日でフォルタレザからリオデジャネイロへ移動し、戦う前から負けていたみたいな感じ. W杯で中2日はないけど、移動も選手にとっては厳しいものになる. 杉本 最後に、組み合わせ次第で左右されるのは承知で、日本はどの辺まで行けるのか考えてみよう. あるいは、どこまで勝ち進めばいい結果と言えるのか. 柴田 サッカーの国、ブラジルに住んでいる者としては日本に頑張ってもらわないと毎日を心地よく過ごせない. 日々の会話で「おお、日本はいいサッカーをするな」というやりとりができるかどうかがかかっている. ベスト8に入れば大きな顔ができるけど、コンフェデ杯のように3連敗をすると、ずっと肩身の狭い思いをする. 希望はベスト8だけど、決勝トーナメントに進めば少なくとも認知される. ブラジル人はいい試合は覚えていてくれる. 内海 まずは1次リーグ突破. アジアでは存在感を増している日本だが、コンフェデ杯では強豪に3連敗と歯が立たなかった. コンディションが整わなかった面もあるが、それは対戦相手も同じこと. 3―4で敗れたイタリア戦は攻め抜いたと言う意味で惜しかったという見方もできるが、2―0からひっくり返された試合には強豪との試合運びや経験値の差を見せつけられた. 初めて2大会連続で決勝トーナメントに進むことで、日本がこれから強くなっていく土台というものが築けると思う. 杉本 日本は同じ第3グループにいるメキシコと同等のイメージになって欲しい. 本田圭佑選手はいいとは思わないだろうけど、メキシコのように毎回1次リーグ突破できるレベルまでいくことで、日本にとっても次のロシアやカタールのW杯につながっていく. これだけタレントを抱えているザッケローニ監督は16強がノルマだと思う. 河野 欧州で取材をしていると、思いの外、日本の評価が高い. 日本代表だけでなく、先日の17歳以下日本代表とかも好印象を与えている. ドイツ1部リーグの外国人選手の数を見ると、日本人選手数は3、4番目だとリーグ幹部から言われた. ただ、お世辞もあると思うし、上から目線で言われている気もする. 認めてもらうためには、やはり結果. 守備を固めるスタイルから一歩進んだ形での決勝トーナメント進出. それができて、南ア大会から進歩したと言える. 突然の訃報(ふほう)に驚き、戸惑っています. 私にとって川上さんはとてつもなく大きな存在でした. 巨人軍の4番打者として、監督としてバトンを受け、その偉大さを感じた毎日でした. 選手としては、赤バットでプロ野球の人気を高め、監督としては勝負にも選手教育にも一切の妥協を許さない厳しさで、前人未到のV9に大きな役割を果たされました. 巨人軍、プロ野球のあるべき姿を教わるなど、私自身大きな影響を受けた先輩の一人です. ご冥福をお祈りいたします」 追悼 川上哲治さん. 楽天の鉄平外野手(30)とオリックスの後藤光尊内野手(35)がトレードされることが19日、分かった. 同日、両球団から発表される. 好打の外野手が欲しかったオリックスと、マギーの流出が決まって、複数のポジションを守れる内野手が補強ポイントとなった楽天の思惑が一致したと見られる. 秋田県出身の後藤は川崎製鉄千葉から2002年にオリックスに入団. 11年にはパ・リーグ3位の打率3割1分2厘をマークしたが、ここ2年間は不振で、今季は69試合で2割4分3厘だった. 鉄平は大分・津久見高から01年、中日に入団. 05年オフに楽天に移籍し、09年には打率3割2分7厘で首位打者を獲得. 今季は選手会長を務めたが、54試合の出場にとどまっていた. GTA: エピソード・フロム・益田真白リバティー
posted by YasuKasumi at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: